雪の降る月曜の午後にビールを

生きていく上で、「姉ちゃん」の立ち位置って、なんなんだろう。関係ないって思う?「戦略」は、アナタにとってはどんな意味があるんだろう。

生きていく上で、「姉ちゃん」の立ち位置って、なんなんだろう。関係ないって思う?「戦略」は、アナタにとってはどんな意味があるんだろう。

雲が多い月曜の夕暮れに昔を懐かしむ

どんなことでもいいので一つの習い事でも習慣でも、長くコツコツ続けている根気のある人に尊敬する。
サーフィンだったり、手芸だったり、どれだけ小さな習慣でも。
一年に一回、幼馴染の友達と、いつもの温泉旅館に滞在する!でも良いと考える。
何でも地道に続ければ、必ず実用レベルまで到達することがある。
実は、小学校のころにピアノと編み物なんかを学習していたが、続けていればよかったな。
こう実感するのは、部屋の隅に両親に買ってもらったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いつかもう一度弾けるようになりたいという夢がある。

熱中してお喋りする彼女とわたし
レフも、実に好きだけれど、それを抜きにしても例外的と言うくらい好きなのがトイカメだ。
3000円程で小さめのカメラが気軽に所有できるし、SDがあるならばパソコンですぐに再生できる。
臨場感や、奇跡の一瞬を写すには、ピント調節ができるカメラがお似合いだと思う。
けれども、流れている風情や季節らしさを収める時には、トイカメには何にもかなわないと思う。

自信を持って体操する父さんとわたし

一人の人間の大半は水分という研究結果もあるので、水分は人類の基本です。
水分摂取を欠かさず、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいですね。
輝く太陽の中から蝉の鳴き声が耳に届くこの時期、いつもはそんなに出かけないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策について敏感な方が多いかもしれません。
夏の肌のケアは秋に表れるという位なので、どうしても気にかけてしまう部分かもしれません。
もう一つ、誰もが気を使っているのが水分摂取についてです。
当然、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、暑い時期は例外の可能性もあります。
と言うものの、多く汗を出して、知らない間に水分が抜けていくからです。
外出した時の自身のコンディションも関係あるかもしれません。
ひょっとして、自分で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏の真っただ中の水分摂取は、次の瞬間の体に表れるといっても過言にはならないかもしれないです。
少しだけ歩くときにも、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があるととても便利です。
一人の人間の大半は水分という研究結果もあるので、水分は人類の基本です。
水分摂取を欠かさず、みなさん活発で楽しい季節を満喫したいですね。

喜んで口笛を吹くあなたとオレ
ネットニュースを毎日見るけれど、新聞を読むのも好きだった。
今は、ただで閲覧できるネットニュースがたくさんあるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて購入しなくなってしまった。
けれど、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短い時間でたくさんの情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関わりのある深いところを調べやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞は小さくてものせているから目に入るけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国のデフォルトになってしまうかもという話がとても気になる。
債務不履行になるわけないと普通は思うけれど、仮にデフォルトになったら、日本も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

悲しそうに走る弟とオレ

一年の中で、梅雨がお気に入りだ。
空気はじめじめしているし、外出すると雨に濡れるけど。
理由として、幼いころに、雨の日に見たあじさいが可憐で、その頃からアジサイが咲くのを楽しみにしている。
出島で付き合っていた、シーボルトと瀧の紫陽花の中でのデートの話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れて来日した、医師のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と話した。
梅雨にひっそりと咲くあじさいを見て何回も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
しだいに訛ってしまいアジサイはおた草と別名を持つようになったという。

悲しそうに踊る彼女と夕焼け
ツアーでも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
特に、港町プサン。
観光ももちろんだが、特に女性はスキンケア商品やファッションなど興味を持っている方も多いと思う。
韓国人は見た目、つまり自分を磨くことに関しての情熱は強い。
就職や、お見合いの際に、日本に比べて露骨に判断する場合が多々ある。
よって、韓国で販売されるコスメは、美容に効果抜群の成分が、日本製より多く含まれている。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してしまう。

騒がしく話す君と公園の噴水

仕事で着用するスーツスカートを手に入れに行った。
コムサでモードなどフォーマルなショップも良いけれど、ギャル系のお店も悪くないと思う。
若くて活発な女物のファッションビルで、体のラインが出る服が多い。
価格は店によって違いが出るが、大体はお手頃。
中で、製品を探していたが、小さめの物ばかり置かれていた。
着用後、なんとなくあか抜けているように見える気がする。
なかなか素敵なスーツ購入が達成できて、とっても満足感があった。

目を閉じて叫ぶ子供と花粉症
見物するためにめちゃめちゃたくさん距離を歩く動物園は、夏期はめっちゃ蒸し暑くて疲れる。
知人家族と私と妻と子供と連れだって観覧しに行ったが、すごく暑すぎてつらかった。
めちゃめちゃ暑いので、動物もろくに歩いていないしし、奥の物影に隠れていたりで、ほとんど観察出来なかった。
次回は、建物内で日陰もある水族館などが蒸し暑い夏はよさそうだ。
子供がもう少し大きくなったら季節限定の夜の水族館や動物園もおもしろそうだ。

目を閉じて口笛を吹く父さんと夕立

恐ろしいと感じるものはいっぱいあるけれど、私は海が非常に怖い。
しかも、沖縄やハワイなんかの水色の海ではない。
どちらかと言うと、しまなみ海峡などの暗い海だ。
ついつい、どこを見ても海、という状態を想像して怖くなってしまう。
それが味わってみたかったら、オープンウォーターというシネマがお勧め。
スキューバーで海に取り残された夫婦の、トークのみでストーリーが終盤に近づく。
とりあえず、私には怖いストーリーだ。
もしかすれば起きてもおかしくない事なので、恐怖は大変伝わるだろう。

気分良く大声を出す友人と穴のあいた靴下
このライカの一眼レフは、あまり大きな声では言えないけれど、浜で拾った。
その日、8月の終わりで、はじめで、いつものように暑く感じた。
喫茶店で、大好きな恋人と仲違いをしてしまい、今日は一緒にいたくないと告げられてしまった。
元気になろうと、アパートからこの海まで走ってやってきて、海岸を散歩していた。
すると、少し砂に埋もれたこの一眼に出会ったのだ。
拾って、試しに夜景フォトを何枚か撮ってみた。
この落とし主より、良い線で撮れているかもしれないと思った。
恋人の素敵な笑顔撮りたいとか、なかなかピント調節って丁度良くならないなーとか考えていた。
明日、なんとか会えたら、恋人に自分が悪かったと謝ろう。
そして、この一眼、警察に届けよう。


ページの先頭へ